起業

独立開業資金・・起業

独立開業資金を使って起業に成功するにはアイデアや環境などさまざまな要素がありますが、資金計画も事業の成否に影響を与えます。独立開業するためには開業資金と、開業後に必要になる運転資金が必要です。また、家族の生活費も半年分程度は準備しておきたいところです。独立開業資金、運転資金には次のようなものが含まれます。

・独立開業資金
敷金・礼金・保証料など事務所や店舗の取得にかかる費用、内外装を調えるための設備費、備品類に加えて、最初の広告や仕入れなどにかかる費用
・運転資金
家賃などの店舗・事務所の維持費、従業員の人件費、事務用品など消耗品、交通費や通信費、広告宣伝、リース料などの経費

順調に売上が上がっても、入金は2〜3ヶ月先になるケースも多いので、できれば半年分程度の運転資金を開業前に準備しておきましょう。もちろん、これらの資金すべてを自力で用意する必要はありません。融資を受ける、あるいは自治体などの資金援助を受ける方法もあります。

これら独立にかかる資金は、最大限自己資金で賄いましょう。あくまで他人に頼らないのが普通ですから無理な計画で借りまくるのはどうかと
思います。起業しても他人頼りではまず成功しないですしね。

Copyright © 2006 独立開業資金調達ガイド. All rights reserved